食について

和食が無形文化遺産に登録された事実

世界に誇る日本の和食がユネスコの無形文化遺産に登録されました。
和食はそれだけ独自性を持っているのです。
その魅力や特徴として、素材の味をできるだけ生かし、その持ち味を最大限に引き出す調理がなされているという点があります。
また日本で採れるものは他の地域では見られないものもあり、非常に多くのものを使用して作られています。
そのためいろんな種類の料理があり、どれも個性的で味わいも大きく異なっています。
また調理される材料が季節によって変わり、季節感を強く感じさせる料理が季節ごとに見られます。
季節を感じさせる料理が多い点は他の国ではあまり見られないものです。
日本の料理の持つスタイルは健康にも多く関係し、ヘルシーでダイエットにも効果的な点がユニークです。
この事実が多くの国で知られるようになり、他の国の方で日本の料理をダイエットに取り入れている方も多く存在しています。
和食が無形文化遺産に登録されるのは喜ばしいことですし、今後日本の料理が多くの海外の方により注目されていくことでしょう。